しぐれがき

これまで挑戦したことの備忘録です

XAMPPのインストール方法

f:id:shiguregaki:20170422075901j:plain

目次

ゴール

XAMPPはapacheSQLなどのWebアプリケーションに必要となるサーバ機能を管理できる便利なソフトです。
この記事ではXAMPPのインストール方法を紹介し、最終的には下の画像の様にローカル環境でXAMPPのWelcome画面が表示されるところまでをまとめます。

f:id:shiguregaki:20170422075927j:plain

必要なもの

必要なもの 価格(円)
1 PC ピンキリ
備考 インターネット接続可能なこと

XAMPPのインストール

インストーラのダウンロード

XAMPPのインストーラは下記のサイトからダウンロードできます。

XAMPPをダウンロード

アクセスすると下記のような画像が表示されるはずです。
インストールするPCの環境に合わせたインストーラを選択し、ダウンロードします。
※本記事では例としてWindows向けXAMPPをインストールします。
ここでダウンロードしたインストーラは「32bit板Windows」のものとなりますが、「64bit板Windows」でも使用できます。

f:id:shiguregaki:20170422075943j:plain

ダウンロードが開始されると大きく"素晴らしい!"と表示された画面が表示されます。
開始されない場合は画面上のほうにある"開始されない場合:ここをクリック"をクリックしてください。

f:id:shiguregaki:20170422075950j:plain

XAMPPのインストール

XAMPPをインストールするため、前章でダウンロードしたインストーラを実行します。

実行するとセキュリティの警告が出ますが、"実行"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422075959j:plain


セキュリティソフトの警告がでますが、私が使った限りでは特に動作が遅くなったりしていないので気にせず"Yes"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080006j:plain


Setup画面がでるので、"Next"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080013j:plain


インストールするコンポーネントの選択ができます。
特に制限をかけることもないため、とりあえずデフォルトの全選択の状態で"Next"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080018j:plain


XAMPPをインストールするフォルダを指定します。
※必ず最上位ディレクトリを指定してください。C:\\xxx\\xamppのようにサブフォルダの指定をしてしまうとファイル名が長くなりすぎてしまうのかうまくインストールできません。お気を付けください。ちなみに、最上位ディレクトリはC:ではなくてD:やE:などでも大丈夫です。
インストールするフォルダを指定したら"Next"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080024j:plain

Bitnami for XAMPPと表示された画面が表示されたら、"Learn more about Bitnami for XAMPP"のチェックを外して"Next"をクリックします。
※これを外さなくてもインストールはできます。しかし、チェックを付けたままだと"Next"をクリックするとBitnamiの紹介ページに飛ばされます。

f:id:shiguregaki:20170422080030j:plain

"Ready to Install"画面が表示されたら、"Next"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080034j:plain

すると、下の画像の様にinstallingと表示されて、インストールが始まります。

f:id:shiguregaki:20170422080039j:plain

インストール完了するとWindowsファイヤーウォールのアクセス許可がでますが、利用目的によってチェックボックスをチェックし、アクセスを許可してください。

f:id:shiguregaki:20170422080045j:plain

最後に、"Completing the XAMPP Setup Wizard"が表示されたら、"Finish"をクリックします。
これでXAMPPのインストールは完了です。
"Do you want to start the Conteol Pannel now?"をチェックしたまま"Finish"をクリックするとその後自動でXAMPPのコントロールパネルが起動されます。

f:id:shiguregaki:20170422080053j:plain

XAMPPでapacheの動作確認

XAMPPのコントロールパネルを起動

XAMPPのコントロールパネルを起動します。

コントロールパネルは下の画像の様にWindowsメニューのXAMPPフォルダの下にあります。
また、コントロールパネルはWindowの右上にある×ボタンを押しても消えるわけではないので複数のソフトを起動しないように注意してください。

f:id:shiguregaki:20170422080102j:plain

f:id:shiguregaki:20170422080109j:plain

初回起動時には言語を確認してくるのでお好きな言語を選択して"Save"をクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080114j:plain

下記のようなXAMPPのコントロールパネルが起動するはずです。

f:id:shiguregaki:20170422080127j:plain

apacheの動作確認

XAMPPのコントロールパネルが起動したら、Apacheの"Start"ボタンをクリックします。

f:id:shiguregaki:20170422080136j:plain

うまくApacheが起動すると、"Status change detected : runnig"と表示がされて、Apacheの背景が緑色になります。

f:id:shiguregaki:20170422080143j:plain

この状態で、ブラウザを開き、"http://localhost"にアクセスしてみてください。

f:id:shiguregaki:20170422080149j:plain

下の様なXAMPPのWelcome画面が表示されていれば、XAMPPがうまく起動し、Apacheが起動状態となっていることが確認できます。

f:id:shiguregaki:20170422080155j:plain

ちなみに、ApacheをStopした状態で同じように"http://localhost"にアクセスすると当然ですが下記の様に接続できませんでした。

f:id:shiguregaki:20170422080200j:plain

まとめ

XAMPPはapacheSQLなどの煩雑なサーバ起動処理をボタン一つで実行できるのでとても使いやすい便利なツールです。
Webアプリを開発する方にはインストールをおすすめします。

以上!