しぐれがき

これまで挑戦したことの備忘録です

Javaプログラマ試験 【申込み方法】

f:id:shiguregaki:20170319153718j:plain

目次

ゴール

Javaプログラマの試験はピアソンVUEが運営する公式なテストセンター会場にてPC上で受験します。
その受験のためにはピアソンVUEのサイトから申込みする必要があります。
本記事ではJavaプログラマの申込み方法をまとめます。
※今回の記事では例としてJava プログラマ Silver SE 8の申込み方法をまとめています。

必要なもの

必要なもの 価格(円)
1 PC/スマフォ ピンキリ
備考 インターネット接続可能なこと
2 ピアソンVUEのアカウント 無料
備考 本ブログでアカウント登録方法をまとめています。持っていなくても大丈夫です。
3 クレジットカード -
備考 受験料を支払う時にクレジットカードが必要になります。

Javaプログラマ試験とは

Javaプログラマ試験は日本オラクルが実施しているJavaプログラマ向けの資格です。Javaによるオブジェクト指向Javaアプリケーション開発スキルについて証明してくれます。
Javaのバージョンアップごとに資格もアップデートしており、2017年3月19日時点ではJava SE 8が最新バージョンとなっています。
(本バージョンの認定試験は2015年5月下旬から開始されました。)

各バージョンごとに資格のランクが下記の様に3種類用意されています。

レベル 概要
1 Bronze SE 7/8 プログラミング未経験の方が理解すべき基礎知識が問われる入門資格
※Brozeは「SE 8」のみの資格は無いようで、「SE 7/8」が最新バージョンの資格になるようです。
2 Silver SE 8 Javaプログラミング中級者もしくはその他の言語経験者でJavaの知識を得たいという方に向けた中級資格
3 Gold SE 8 プログラミングのみではなく設計に関する知識も問われる上級資格
※前提資格としてJava Silver SE 8/Java Silver SE 7のどちらかを持っていないと受験できません。

申込み方法

冒頭で説明した通り、Java プログラマ Silver SE 8の資格試験はピアソンVUEが運営する公式なテストセンター会場にて受験します。
ですので、申込みもピアソンVUEからすることとなります。

ピアソンVUEの申込みフォームには下記のURLからアクセスできます。
http://www.pearsonvue.com/japan/IT/oracle_index.html

アクセスすると下記のようなサイトが表示されるはずです。

アカウントを持っている方は、次の章は飛ばして本ページの試験申込みより下を参照してください。
アカウントを持っていない方はこのまま下のピアソンVUEアカウント取得を参照してください。

ピアソンVUEアカウント取得

ピアソンVUEの申込みフォームで"アカウントの作成"ボタンをクリックします。
最初にプライバシーポリシーへの同意を求められるので、よく読んで同意します。

あとは、サイトの手順に従って情報を入力していけばアカウントの作成ができます。

個人情報の入力

まずは個人情報を入力します。
下記参考にしてください。

記入事項 記入内容例
1 Oracle Testing ID 今回は初回受験を想定していますので、"いいえ、Oracle Testong IDを知りません。"をチェックします。
2 Title(タイトル) 男性:Mr. 女性:Ms.
3 First Name(氏名(名)) 受験者の名前を入力
4 Middle Names(氏名(ミドルネーム)) 持っていたら入力 持っていないなら空欄でもOK
5 Last Name(氏名(姓)) 受験者の名字を入力
6 Suffix(サフィックス) 持っていたら入力 持っていないなら空欄でもOK
7 Eメールアドレス 受験者が確認できるEメールアドレス
ピアソンVUEからメールを受け取りたい場合は"ピアソンVUEからのマーケティングEメールを希望します。"にチェックする。
受け取り不要なら、チェックを外す。

連絡先の入力

次に連絡先を入力します。
下記参考にしてください。

記入事項 記入内容例
1 住所の種類 個人受験を想定しているので、"個人"を選択します
2 Country of Residence(居住国) Japanを選択します
3 Post Code(郵便番号) 受験者の自宅の郵便番号を入力します
4 Prefecture(都道府県) 受験者の自宅の都道府県を入力します
東京なら"Tokyo"と入力する
5 City/Ward(市区町村) 受験者の自宅の市区町村を入力します
目黒区なら"Meguroku"
6 Address1(町域名) 受験者の自宅の大字/字名を入力します
7 Address2(番地) 受験者の自宅の番地を入力します
8 Address3(建物名・部屋番号) 受験者の自宅がアパートなどなら建物名・部屋番号を記入します
Address2(番地)に部屋番号をまとめて、ここは空欄でもOK
9 Company(会社名) 空欄でOKです(個人で受けている想定)
10 電話番号 受験者の連絡がつく電話番号を記入
自動で入力されているはずですが、日本なので"81 xxx"と入力します
11 内線番号 空欄でOKです(個人で受けている想定)
12 携帯電話番号 受験者の連絡がつく電話番号を記入
自動で入力されているはずですが、日本なので"81 xxx"と入力します/td>
英語での入力が済んで次へをクリックすると、希望の言語をきかれるので日本語と選択します。
すると日本語で住所を求められます。
二度手間ですが、日本語住所の登録をします。
※登録内容は上で記載した内容と同様のため割愛します。


その他の情報

"あなたの所属する企業はオラクルパートナーネットワーク(OPN)のメンバーですか。"と聞かれるので、"いいえ"を選択します。
(個人で受験することを想定)


アカウントの作成

アカウントの情報を入力します。
下記参考にしてください。

記入事項 記入内容例
1 ユーザ名 Oracle認定プログラム用アカウントのユーザ名です。重複しないように決定します。
2 パスワード 8文字以上、大文字と小文字、数字と記号の組み合わせで作成します
3 秘密の質問 2つ利用できるので質問を選択して、回答を記入します。
解答は半角ローマ字で記入しないといけません。

登録完了の確認

登録が完了すると、下記のような"プロファイルが登録されました。"と表示されます。
また登録が完了すると、上で登録したEメールアドレスに「ピアソン VUE オンライン予約「ログインアカウント」のご案内」という題面のメールが届くはずです。


試験申込み

アカウントにサインインすると下の画像のようなホーム画面が表示されます。
ピアソン会場での受験に申込みするために、"試験会場での受験"を選択します。

試験を選択するために検索フォームに
1Z0-808-JPN: Java SE 8 Programmer Iと入力してJava SE 8 のSilver試験を選択します。
※Programmer IがSilverの資格のようです。

試験の詳細が表示されたら、試験内容が間違っていないかを確認して、"試験を予約する"をクリックします。

再度、選択した試験の確認ページが表示されるので、内容を確認して"受験予約に進む"をクリックします。

すると、テストセンターを決定するページが表示されるはずです。
ピアソンVUEのアカウントで登録した住所をもとに自動で近場のテストセンターの会場がリストアップされています。
お好きな会場を選択して"次へ"ボタンをクリックします。

上で選択した会場で開いている日付が表示されます。
お好きな日にちをクリックしてください。

次に、受験する時間帯を選択する画面が表示されます。
お好きな時間をクリックして下さい。

オーダー確認画面が表示されるので、内容を確認したうえで下方にある"次へ"をクリックします。

次に支払い処理にはいります。
個人情報を確認したら、"次へ"をクリックします。

ポリシーに同意するページが表示されたら、ポリシー内容をよく読み同意したうえで"次へ"をクリックします。

支払い情報の入力が表示されたら
受験料を支払うクレジットカード情報と個人情報を入力後、下方にある"次へ"ボタンをクリックします。

予約内容の確定のページが表示されたら、内容を確認の上、下方にある"次へ"ボタンをクリックします。

最後に、概要のページで試験概要、受験日時や場所、予約内容を表示してくれます。
これで受験予約完了です。

また、受験予約が完了すると、ピアソンVUEで登録したメールアドレスに「Oracle認定プログラムの予約確認」という題名のメールが届くはずです。

まとめ

本記事ではJavaプログラマ試験の申込み方法をまとめました。
試験を受けるうえで必ず必要になるプロセスです。
私は直前に申込みをしようとしたら受験予定日にピアソン会場が休みでどこも開いていませんでした。
結局一日早めて受験することになり、スケジュール調整が大変でした。
くれぐれも直前の申込み避け、計画的に受験日の申込みをしてください。

とりあえず、申込みをしておけば後は試験合格に向けて勉強に励むのみです。
合格に向けて頑張ってください。

以上!